キーワードで検索

×

日本茶レストラン【RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU】で開催されている「ほうじ茶・番茶フェア」に潜入調査!

グルメ

御茶ノ水にある日本茶レストラン「レストラン 1899 お茶の水」で19種の食材が楽しめるパフェと、アフタヌーンティープレートが期間限定発売!今回は、ライバー2人と一緒に取材してきました!

RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU

「レストラン 1899 お茶の水」は、2014年8月1日にオープン。

「ミシュランガイド東京」に2015年から7年連続掲載の、全9室のジュニアスイートルームでもてなす小規模高級ホテル「ホテル龍名館お茶の水本店」に併設する創作和食店です。

日本茶を飲むだけでなく、「日本茶」を「淹れる」「食べる」をコンセプトに、「飲むお茶」と「お茶料理」、「お茶スイーツ」を提供しています。

秋の味覚満載!「ほうじ茶・番茶フェア」

「レストラン 1899 お茶の水」では、2022年9月1日(木)から11月30日(水)までの期間限定で、乳酸菌で発酵させてつくる番茶なども提供する「ほうじ茶・番茶フェア」を開催!

19種の食材を楽しめる「栗とほうじ茶のパフェ」と、”ほうじ茶モンブラン”などを盛り合わせた「アフタヌーンティープレート」も発売しています。

栗とほうじ茶の秋色パフェ 1,800円(税込)

「栗とほうじ茶の秋色パフェ」は、栗の甘露煮や渋皮栗をたっぷり使ったパフェで、栗の甘さとほうじ茶のほろ苦さや香ばしさが絶妙にマッチした和パフェ。

パフェのトップは、濃厚でリッチな味わいの”ほうじ茶モンブランクリーム”になっており、パフェは、”ほうじ茶プリン”をベースに、ローストした”酒茶ケーキ ほうじ茶”、”マロンアイス”、旬の果物のイチジクや巨峰など19種の素材を重ねた、秋の味覚を存分に味わえる一品です。

1899 アフタヌーンティープレート 2,500円(税込)

「1899 アフタヌーンティープレート」は、ほうじ茶をメーンに栗やイチジクなど秋の味覚をふんだんに使用し、スイーツを中心とした和洋9品を一皿に盛り付けました。

ほうじ茶モンブラン

自家製ほうじ茶サブレをベースに、酒茶ケーキ ほうじ茶、栗の甘露煮、ほうじ茶クリーム、を重ねて、自家製ほうじ茶モンブランクリームを絞り、トップに渋川栗を添えたモンブラン

栗とほうじ茶プリンのミニパフェ

豆乳をベースにした甘さ控えめの自家製ほうじ茶プリンに、ベリーソース、ロースト酒茶ケーキ、栗の甘露煮、ほうじ茶生クリーム、ほうじ茶パウダーを重ねたミニパフェ

ほうじ茶ぜんざい

栗と白玉が入った、ほうじ茶のぜんざい

ほうじ茶アイス

ほうじ茶の香ばしさを味わえる、さっぱりとしたアイス。

トッピングしたくるみの飴煮は、クルミをほうじ茶黒蜜で飴状になるまで煮詰めたもので、アイスの甘みにほろ苦さをプラス

ほうじ茶タルト

ほうじ茶と豆腐を使いヘルシーに仕上げたチョコタルトに、焼き栗をトッピングしたタルト

ほうじ茶ポテトのいがぐり

「ほうじ茶ポテトサラダ」にそうめんをあしらい、カラッと揚げ、和食の技法の一つである「いが栗揚げ」に見立てています。

塩味がプレート全体のアクセントになっているセイボリー(塩気のある軽食)です

栗と紫芋の茶巾しぼり

栗を紫芋のペーストで包み、和食の技法の一つ「茶巾しぼり」にしたスイーツです。

上にグラニュー糖を振りかけ、バーナーで炙ってブリュレにしています

季節の果物

巨峰、イチジク、梨、柿などの秋のフルーツ3種
※仕入れ状況により、種類が変更となる可能性があります

ほうじ茶味噌の玉子サンド

出汁巻き玉子とほうじ茶味噌を、シリアルローフ(雑穀入りの食パン)で挟んだサンドイッチ

今回潜入調査してくれたのは・・・?

ライバーのともしゃんさんと、せいらさんです!

2人には実際にアフタヌーンティープレートを食べていただきました!

ともしゃんさんのレビュー

ともしゃんさんには、1899 アフタヌーンティープレートと、ほうじ茶・番茶飲み比べセットを試していただきました!

1899 アフタヌーンティープレートの感想

秋といえば栗!

栗が沢山使用されたスイーツを食べたのは人生で初。

栗のパフェや栗のモンブラン、タルト、ほうじ茶アイスどれも美味しかったです。

特にモンブラン!

普通のモンブランは、糸のような細い感じに包まれてますが、今回のモンブランは、他とは違う感じで、見た目が、栗が優しく皮に包まれてるような見た目で、見た目から惹きつけられるような感じがしました。

味は栗の自然な甘みやほうじ茶のさっぱりした感じが絶妙にマッチして、口に入れた瞬間口の中で栗そのものの味がして、後にほうじ茶のさっぱりがあり、とても食べやすく美味しかったです。

ほうじ茶・番茶飲み比べセットの感想

ほうじ茶は、苦味がほのかにあり、さっぱりとして飲みやすく、口の中に香ばしい感じが残り、体の疲れがとれてとてもリラックスしながら飲めました。

阿波番茶は、苦味や渋味が少なくてほのかに酸味があり、まろやかな味で、爽やかな香りがとても美味しかったです。

全く違う感じのお茶で苦味系と酸味系が一緒に飲み比べすることができてとても楽しかったです。

日本人といえば、和やお茶のイメージ、和やお茶が好きな方にオススメです。

特に今の季節の秋にとてもオススメで体がリラックスできて、秋の味を楽しめるとても素敵な飲み物、スイーツ、場所だなと感じました。

また他の飲み物やスイーツを食べに行ってみたいです。

せいらさんのレビュー

せいらさんには、1899 アフタヌーンティープレートと、濃茶ラテ 4g アイスを試していただきました!

1899 アフタヌーンティープレートの感想

9品が可愛く盛り付けられており、見た目からも秋を感じられるプレートでした。

店内もガラス張りでとても綺麗で落ち着いた雰囲気です。

私が1番目を引かれたのは、ほうじ茶モンブラン…と言いたいところですが、ほうじ茶ポテトの毬栗です!

揚げてあるそうめんがパリパリしておりその中にほうじ茶ポテトサラダが入っていて、ちょうどいい塩加減でとても美味しかったです。

ほうじ茶モンブランも大きな栗が乗っており、クリームも濃厚で香りもとても良く甘さもとてもちょうど良かったです。サブレもサクサクしていて最高でした。

見た目も味もお上品なアフタヌーンティーでした!

濃茶ラテ 4g アイスの感想

抹茶とミルクが2層に分かれていて見た目もとても綺麗です。

抹茶だけでも大好きなのですが、ミルクと混ぜると とてもまろやかですがしっかりと抹茶の味もしてとても美味しかったです。
いかがでしたか?

ほうじ茶・番茶フェアは2022年9月1日(木)から11月30日(水)までの期間限定となっていますので、気になる方はお早めに♡
■RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU
住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4

アクセス:
JR「御茶ノ水駅」から徒歩3分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」から徒歩1分

営業時間:
<ランチ>11:00~14:00
<カフェ>14:00~18:00
<ディナー>17:00~22:00
※日曜・祝日のディナータイムは休業
※営業時間変更の際は、HPにてお知らせします

このコンテンツはサイトメンバーに限定されています。会員様であればログインしてください。新しいユーザー様は会員登録後にご閲覧頂けます。 ユーザーログイン 新規会員登録はコチ

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目

JOSHIME!!編集部
JOSHIME!!編集部

JOSHIME!!編集部がトレンドや気になる情報をピックアップ! 女子大生が実際に試して感じたリアルな声をお届けします。 皆さんのライフスタイルをより充実させるためのお手伝いができれば嬉しいです♡

Daily Ranking

全室鬼怒川の絶景ビュ…
ココロとカラダを見つ…
タレントの山之内すず…
話題のファッションブ…
LDK the Be…
シーバスリーガル ブ…
【わかちゃんさん】時…
【あやのさん】みんな…

Reconmmend

箱根でぶらり食べ歩き♪箱根に来たら絶対に…
【都内】可愛いマカロンに目がないあなた!…
食パン専門店×コーヒースタンド「レブレッ…
有名店の”ひそかな名品”をみなさんはご存…
bills 銀座・大阪のアフタヌーンティ…
銀座コージーコーナーから『アラジン』デザ…

記事

ネスプレッソの使用済みカプセルがお洒落なアイテムに!持続可能なコーヒーの提供を目指して♪

『OCHABA』が大阪なんばシティにオープン!わらび餅が入った日本茶ミルクティー専門店♡

北海道こそパフェの宝庫♡北海道で食べられる魅惑の絶品パフェ10選!

お酒が苦手な人でも楽しめる♪今流行りのノンアルコールバー特集♡

【KALDI(カルディ)】夏バテに負けない!さっぱり美味しい、夏の食まとめ♪