【号泣】感動しすぎて涙が止まらない!「大人」になったからこそ読みたいベストセラー絵本5選♡

ジョシメのウワサ ライフスタイル コラム

「大人」になったからこそ得られる感動。絵本は子供だけが読む本ではないなと感じさせる絵本をご紹介!涙なしでは読めない絵本だかりなので、おうちでゆっくり読んだ方がいいかも…。

◎猫好き必読!鼻の奥がツンとする絵本。

わたしのげぼく(著)上野 そら

泣き虫でどんくさい「げぼく」と一緒に暮らす、かしこいネコの「わたし」。なでられたり一緒に遊んだりして毎日「げぼく」に尽くされ、時にはケンカをしながらも、「わたし」は幸せな日々を過ごす。月日が流れ、年老いた「わたし」は、かしこいゆえに自分がどうなるかを悟った。そして「げぼく」への想いを残し、別れの時を迎える。
出典: amazon.co.jp

第9回絵本・児童書大賞参加作、感動のストーリーが待望の絵本化!猫と一緒に暮らしたことがある方、猫との別れを経験したことがある方、これから猫と一緒に暮らそうと思っている方。

猫を愛するすべての人が共感し感動し、もっと猫が好きになる!猫好きには絶対に読んでほしい絵本です。そして今猫と暮らしている方は、もっと猫を愛してあげたくなるはず。

◎全てのママに読んでほしい絵本!

ちいさなあなたへ(著)アリソン・マギー

母親が、生まれたばかりの我が子を抱くシーンから、全てが始まります。赤ちゃんはすぐに大きくなって、子どもになり、自分の意志で道を進んでいきます。時には冒険をしたり、悲しい経験をしたり…。そして、いつしか大人になり、家を出ていくときも来る。結婚しておばあちゃんになっても、いつも思い出すのはお母さんのこと…。
出典: amazon.co.jp

母から娘へ、そして娘からその子どもへ…3世代に渡る、壮大な愛を描いた絵本!AmazonやNYタイムズの児童書ランキングで、「ハリー・ポッター」をさしおいて第1位に輝いた、ベストセラーの絵本なんです。

ママに読んでほしいのはもちろん、お母さんのありがたさや、大切さを改めて感じさせてくれる!出産祝いにもおすすめな絵本です♡

◎その穴はどうやって埋めたらいいの?

もしものせかい(著)ヨシタケシンスケ

「やあおはよう とつぜんでもうしわけないんだけど ボク もしものせかいにいくことになりました—-」いつもいっしょのあの子がどこかへ行ってしまう。どうして君なの どうして今なの?大事なものを突然失ったとき、思いがけない別れが訪れたとき。心にぽっかりと空いた穴は、どうやって埋めたらいいんだろう…。
出典: amazon.co.jp

「もしもあの時こうしていたら…」と後悔が多い大人の心に刺さる絵本!誰でも、「もし〇〇だったら…」という仮定の世界に思いを馳せることがありますよね。

1つの道しか生きられないと分かりつつも、どうしようもないこともあると分かりつつも、「あの時ああしていたら」「もしこうだったら」とさまざまな“あったかもしれない世界”を思い描く一冊。

いること、あることが当たり前だった大切な何かを失った経験のある方はぜひ読んでいただきたい。その苦しい気持ちや悲しい気持ちが、涙とともにちょっとだけ楽になる…。

◎大人になって読むと感じ方が違う。

おおきな木(著)シェル・シルヴァスタイン

あなたはこの木に似ているかもしれません。あなたはこの少年に似ているかもしれません。それともひょっとして、両方に似ているかもしれません。あなたは木であり、また少年であるかもしれません。あなたがこの物語の中に何かを感じるかは、もちろんあなたの自由です。それをあえて言葉にする必要もありません。そのために物語というものがあるのです。物語は人の心を映す自然の鏡のようなものなのです。(村上春樹/訳者あとがきより)
出典: amazon.co.jp

何度でも読み返したい、シルヴァスタインのロングセラー絵本!大好きなちびっこのために、与え続けるりんごの木。実をすべて与え、枝をすべて与え、そして幹さえも与えてしまいました。大好きなちびっこのためにやったこと。だから幸せ…だったのかな。

愛は与えること?与えることとは何なのでしょう?読むたびに新鮮な感動があり、一家に一冊買って損のない作品です。木がちびっこにしてあげたことは、ちびっこのためになったのでしょうか?そんな疑問と隣り合わせの大人も楽しめる絵本をぜひ♪

◎「いのち」の大切さを再確認できる!

いのちをいただく(著)内田美智子

坂本さんは、食肉センターで牛を“解く”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観でおとうさんの仕事を聞かれて、「ふつうの肉屋です」とこたえました。その後、担任の先生に「おとうさんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」といわれたしのぶくんは、「おとうさんの仕事はすごかとやね」と坂本さんにつたえます。そんなある日、坂本さんがつとめる食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて……。
出典: amazon.co.jp

1万部でもすごいといわれる絵本が9万部を突破した大ベストセラー!朝日新聞「天声人語」欄でも取り上げられ、学校での読み聞かせでも愛読されている絵本です。

日頃から何も考えずに食べている、その料理。料理の食材として使われているお肉やお魚。「いのちをいただく」ということはどういうことなのか。そして「いのちをいただく」ことで、いまこうやって生きていること。そんなことを考えさせられます。

合わせて読みたい!

コメント入力欄

コメントと「お名前」「メールアドレス」を入力してください。

上記の内容を確認上「送信」してください。

JOSHIME!!編集部
JOSHIME!!編集部

JOSHIME!!編集部がトレンドや気になる情報をピックアップ! 女子大生が実際に試して感じたリアルな声をお届けします。 皆さんのライフスタイルをより充実させるためのお手伝いができれば嬉しいです♡

記事

ハローキティ × KAWAII MONSTER CAFEが夢のコラボ!コラボカフェ「原宿×KAWAII ×ハローキティ」が誕生♪

【2019冬新作コスメ】Visee(ヴィセ)から25周年記念リップキットが限定発売!itカラーリップ5色セット♡

持つだけで即旬コーデに♡お洒落さんも注目してるレトロ可愛いビーズバッグまとめ!

大人気ネピアの「長時間フィットマスク」の抽選第2弾が開始!「マスク快適冷感シート」も付いてくる♪

オンライン授業で凝った肩をほぐしてくれるマッサージグッズ